普段の生活でトラブルにならないように│緑内障を治療する前に

医者

病状はゆっくり進行

女の人

定期健診を受けられる

緑内障は、病気がかなり進行するまで気が付かないことが多いため注意が必要です。急性のものを除くと、ゆっくりと視野が狭くなっていくため自覚症状がほとんどありません。また、緑内障は40歳前後から発症する頻度が増えます。日本では失明の原因の1位となっています。定期的に眼科で健診を行い、病気の早期発見に努めるようにします。治療は、主に点眼薬を使用します。眼圧が高くなっているのを低くするために、眼圧下降薬を使用します。効果がみられない場合は、炭酸脱水酵素阻害薬の内服を併用します。また、レーザー光線による治療や手術という方法もあります。いずれの治療方法も、眼圧を正常な状態まで調整を図るための治療を行います。

自分で調べられる

緑内障かどうかを自分でも簡単に調べる方法があります。道具や技術を必要としないため、誰にでもできます。そして、いつでも気軽にできるため、仕事の合間など時間のあるときにできます。やり方は次のとおりです。片方の目だけで見たときに、正面の上下の視野が狭くなっているかどうかを確認します。また、鼻側の視野も狭くなっているかどうか確認します。このときに視野が狭くなっていることが確認できた場合は、眼科を受診してきちんと検査を受けるようにします。視野に異常がなかったとしても、年齢や違和感などを感じる場合には定期健診を受けることが予防につながります。緑内障は初期の段階では、ほとんど症状が現れません。歯科検診などのように目の検査も受けるようにします。