普段の生活でトラブルにならないように│緑内障を治療する前に

医者

早期治療が大切

病院

多様な治療方法がある

緑内障の治療方法として人気があるのは、薬を点眼することによって治す方法です。目に薬を点眼するだけなので手軽であり、痛みもないため多くの人に行われる治療方法です。この点眼薬は、眼圧を低くする効果があります。点眼薬だけではあまり効かない場合は、内服薬を併用して様子をみます。眼圧や眼底の検査を行い、治療方法を模索します。点眼薬や内服薬でも効果がない場合には、レーザー光線による治療方法もあります。通常、毛様体というところで産生された房水は虹彩を経て、隅角から排出されています。緑内障は、この房水の出口である隅角が詰まってしまい、眼圧が上昇することで発症します。そのため、レーザー光線を使って隅角の排出路を修復する治療を行います。

白内障とは違う

緑内障に似た病気の名前に、白内障があります。緑内障と白内障の違いは、視力が低下する原因の違いです。緑内障は、眼圧が上昇することによって視力が狭くなっていくのに対して白内障は、水晶体が濁ることによって光がよく通らなくなり、結果的に視力が低下します。白内障が発症する原因はさまざまなものがあります。生まれつきや生まれてすぐ発症する場合もあれば、加齢や糖尿病、ステロイド薬を長期間使用していたことによる場合もあります。また、卓球の球やバドミントンのシャトルなどが目に当たったときの外傷による場合もあります。白内障の手術を避け続けて、完全に見えなくなるまで放っておくと、ときに緑内障を合併することもあるため注意が必要です。